無印良品とそっくりなダイソー商品、使い分け

そっくり!でも違う

●無印良品のメイクボックス

●ダイソーの積み重ねボックス

見た目はそっくり!で有名なこの2商品。

にほんブログ村テーマ やっぱり好き MUJI 無印良品へ
やっぱり好き MUJI 無印良品

違いをご存知でしょうか?

サイズはほぼ一緒。無印とダイソーを重ねることも可能だそうです。(試したことはないけど)

 

でもね。お値段の違いはやっぱり作りの違いなんですね。

無印良品のメイクボックスはとてもしっかりした作りです。
厚みもダイソーのものよりあります。
重ねてもびくともしません。すんなり重なります。

一方ダイソーの積み重ねボックス。
販売されている時点でゆがんでいることがあります。
手で簡単に変形できる程度の強度です。
重ねるときぴたっとはまらないことがあります。

どちらが良い悪いではなくて、ちゃんと特徴を知っておくことが大事だと思うんです。

我が家はどちらも使っています。
使い道によって使い分けているんです。

だって108円はやっぱり魅力的^^

使い方で使い分け

両方のボックスが同じ引き出しに混在している場所があります。
キッチンの食器を入れている引き出し。

ここはとても深い引出しなんです。
お皿は立てて入れることで深さを有効活用できていますが、それ以外の食器には深すぎる!

そこで手前の小皿とお茶碗・お椀が入っている部分

下にはあまり使わない食器が入っています。
ここは重ねたいから無印良品のメイクボックスを使っています。
スタッキングしていることで、よく使う食器が引き出しの上のほうになるので、出し入れしやすくなりました。

どんぶりが入っている2つのボックスは重ねずに使うためダイソーの積み重ねボックス。
重ねないならこれで十分なんです。

同じものをそろえるとなると結構な出費ですから、100均商品も上手に取り入れていかれると良いですよね。

にほんブログ村テーマ 100円ショップへ
100円ショップ

 

Follow me!