【ご質問】シャトルシェフってなに?


ストアカ(クレジットカード他・前払い)HP(当日現金にてお支払い)となります。

●ストアカからのお申し込みはこちらから
●HPからのお申し込みはこちらから

友達の家に遊びに行く感覚で、お気軽にご参加ください^^

 

~参加者様のご感想~

自宅のビフォーアフターを見せていただき、具体的にどのように改善していったのかという体験談を聞きながら、セミナーの内容を聞けたので、とても勉強になりました。
雑誌に出ているのは「撮影用」なのではとあまり信じていませんでしたが、本当にきれいに生活しているんだ!と驚きました。
単純なことですが、使うところに使うものを置く。台所に歯ブラシがあったり、掃除機が洗面所にあるのにびっくり。

本などで紹介されているミニマリストの大げさな断捨離ではなく、思い出、趣味のものを残しつつ、日用品を効率よくしまう方法を学べました

生活しやすくする豆知識をたくさん聞けて、タメになりました。少しずつやってみようと思いました。

居心地の良い空間で日々生活したいと思いました。「どんな生活がしたいか」を考えるのに、外出を楽しむのもあり、というのが目からウロコでした。
すぐにできることをたくさん教えていただいたので、早速始めてみたいと思います。

具体的に収納を見せていただいて、わかりやすかったです。

とてもすっきりきれいに収納されていて、すごいと思いました。
家で今日学んだことを参考に片付けと整理をしたいと思います。

他にもたくさんご感想いただいています。こちらをごらんください♪

真空保温調理器シャトルシェフ

収納の変化を振り返る⑦~コンロ下の下段~

↑この記事を見た方から、シャトルシェフってなに?と質問がありました。

この鍋が我が家のシャトルシェフ。
値下げされているときに買ったので、色は微妙だけど(^^;

メーカーのサーモスHPによると

サーモスが提案する真空保温調理は、火を使わずにじっくり火を通せる、エコな調理方法。調理に関わる時間とエネルギーが節約できる上、煮崩れなく素材本来の旨味を活かします。忙しい現代だからこそ、時間を節約できる「保温調理」が便利です。

簡単に言うと、短時間火にかけて調理、その後保温することで具材にじっくりと火を通してくれる鍋。
火からおろすので、でかけている間もほったらかし。勝手に煮込んでくれているんです。

煮つまらないし、煮崩れもしないし
火にかける時間は短いからガス代節約にもなるし、夏場は部屋が暑くなることも防げる。

メリットばかり?

私が思うデメリットは、大きいので収納場所を取ること。
保温調理時間が必要なので、あらかじめ用意しておかないとすぐには食べられないこと。

これくらいかな。

保温容器+調理鍋

外側は保温容器。その中に、鍋が入っています。

内側の鍋は直火にかけられます。

ある日のカレー作り

具材をカットして調理鍋へ。
油で軽く炒めて、具がかぶるくらい、ひたひたに水を入れます。

煮つまらないから、多めにいれてしまうとシャワシャワなカレーになってしまいます。

ふたをして火にかけます。

ふきこぼれてしまうので、私は沸騰したらふたをすこしずらしています。
これで8~10分くらい。

火を止めたら

ふたをちゃんとしめて、保温容器の中へ。
保温容器のふたもしめます。

これで放置すること8時間。

仕事前にここまでやって出かけました。

↑保温容器から出してふたをあけたところ。
しっかり火は通っていますが、水はほとんど減っていません。
野菜は煮崩れすることなく、お肉はホロホロに柔らかくなっています。

これにルーを入れればカレーは完成。

ごはんもタイマーをセットしておいたので、帰宅後10分ほどで夕飯にありつけました^^

Follow me!