収納の変化を振り返る~キッチン引き出し⑤作業スペース下~


ストアカ(クレジットカード他・前払い)HP(当日現金にてお支払い)となります。

●ストアカからのお申し込みはこちらから
●HPからのお申し込みはこちらから

友達の家に遊びに行く感覚で、お気軽にご参加ください^^

 

~参加者様のご感想~

自宅のビフォーアフターを見せていただき、具体的にどのように改善していったのかという体験談を聞きながら、セミナーの内容を聞けたので、とても勉強になりました。
雑誌に出ているのは「撮影用」なのではとあまり信じていませんでしたが、本当にきれいに生活しているんだ!と驚きました。
単純なことですが、使うところに使うものを置く。台所に歯ブラシがあったり、掃除機が洗面所にあるのにびっくり。

本などで紹介されているミニマリストの大げさな断捨離ではなく、思い出、趣味のものを残しつつ、日用品を効率よくしまう方法を学べました

生活しやすくする豆知識をたくさん聞けて、タメになりました。少しずつやってみようと思いました。

居心地の良い空間で日々生活したいと思いました。「どんな生活がしたいか」を考えるのに、外出を楽しむのもあり、というのが目からウロコでした。
すぐにできることをたくさん教えていただいたので、早速始めてみたいと思います。

具体的に収納を見せていただいて、わかりやすかったです。

とてもすっきりきれいに収納されていて、すごいと思いました。
家で今日学んだことを参考に片付けと整理をしたいと思います。

他にもたくさんご感想いただいています。こちらをごらんください♪

収納の変化を振り返る

2010年の年末頃から、長年の「片付けられない女」を卒業すべくがんばってきました。

いっきにすっきりしたわけではなく、少しずつ変えてきた結果が今です。

その変化を振り返ってみています。

今日は食器を収納している、作業スペース下の深い引き出し。

2010年

2010年12月

この頃はまだ食器は別の場所に収納していました。
この引き出しにはボトル調味料やお米などの食品が。

シンク下は食品には向かない、ということで、この引き出しに入れていたんですね。

2014年

2014年2月

1月の状態は

キッチン調理スペース下の引き出し

しばらく食品収納に使っていた引き出しでしたが、食器をここに収納することに変えました。

深い引き出しなので、ファイルスタンドを使ってお皿を立てて。
小さめのお皿や茶碗などはそれぞれケースに。重ねていれていますが、同じ種類のものを重ねているので出し入れは特に不便はありませんでした。

2014年3月

グラスを別の場所に移動して、ラップやホイルをここに収納することに。
この位置、さっと取れてなかなか便利でした。

2014年8月

いただきもののおわんを収納する場所を作るために、食器を見直し。

食器の見直しと収納

この引き出しにはよく使うものだけを収納するようにしました。

2015年

2015年5月

食器収納は変わっていませんが、ボトル調味料をコンロ下に移動。

2015年11月

深さがある引き出しなので、もったいなくて、2段に変更。

別の場所に入れていたものもここに入れられるようになり、食器はほぼここに集結しました。

2016年

2016年7月

使用頻度の高いものをより取り出しやすく、位置を変更。

2017年

2017年9月

少し見直して食器が減ったこともあり、ラーメンどんぶりをここに収納できました。

2017年11月

ほとんど使わないのに処分できずにいたお皿を思い切って手放しました。

断捨離マラソン「食器」と大掃除

2018年

2018年5月

【ダイソー】スタッキングできるワイヤーバスケットで引き出しの深さを活用

↑で久しぶりに大きく変えた食器収納。
まだ使いたい食器がどこにあるか、夫は把握しきれていないようですが、ケースがずれてたおれかかっているという状態はなくなって快適です♪

良く使うものは出し入れしやすい場所に

この引き出しは収納するものもガラッと変わった場所。

キッチンの真ん中にある引き出しだから、とても使いやすい位置なのです。
使いやすい場所はよく使うものを収納する。
時短にもなるし、なによりも使ったあとにしまうことが面倒ではなくなるから、出しっぱなしを防げます。

↑順次UPしています。こちらもぜひご覧ください♡

Follow me!