雑誌はスマホで読む 電子書籍ならモノは増えない

こんにちは。

「片づけが苦手」なあなたのためのお片づけサポート「smiley☆life」
苦手意識をなくし、忙しい毎日をイライラせずに笑顔で過ごせるように変える 整理収納アドバイザー/2級認定講師


の山岡さくらです。
お片づけサポートのご依頼は
コースご案内・ご予約
▼ご希望に合わせて選べるコース 初回お試しコース 3時間×5回コース 6時間×3回コース 6時間×1回コース 3時間×1回(タスカジ) カフェでアドバイス メールアドバイス ★予約フォーム...
より受付中です。
スポンサーリンク

HPリニューアル

今日も暑い1日でした。
ほとんどPC作業で終わってしまった(^^;

ようやくHPの手直し。
気づいたらリニューアルしちゃってました(笑)

お片付けモニター様の写真も入れ替えたり新しく追加したりしましたよ。

雑誌たまっていませんか?

雑誌って、ついついたまってしまいませんか?

雑誌は月刊であれ週刊であれ、はたまた隔月や季刊のものであっても、基本的に情報です。
情報はどんどん更新していくもの。
古いものを大事に持ち続けても、あまり意味はないことが多いと思います。

毎月買っているお気に入りの雑誌がある、という方は、保管する量を決めておいて、1冊買ったら古いものを1冊手放す、というようにしていくと良いですね。

デジタルという方法も

私は最近ほとんど買っていません。
読んでいないわけではなく、dマガジンというアプリを使っています。

渡辺直美さんがCMやっている、雑誌が読めるアプリ。

月400円かかりますが、私が読みたい雑誌がいくつかあるので、1冊分にも満たない額で読めるからお得♡
さらに、手元に雑誌が残らないのも魅力のひとつだったりします。

買ってまでは読まないけど、ちょっと気になる記事がある、と言うときも手軽に読めます。

月曜日に、部長から週刊ダイヤモンドに片付け関連の特集が載っていると聞いて、さっそくdマガジンで読みました。
ほとんど空き家のことではありましたが、自分で本屋さんで手に取ることはないので、勉強になりました。

私はスマホで読んでいるので、画面はそんなに大きくありませんが、拡大できるので特に不便はありません。
紙だったらとっておきたいところは切り抜いてスクラップしたりしますが、スクリーンショットで画像を残せばOK。

dマガジンはドコモのサービスですが、ドコモユーザーでなくても使えます。
楽天にも楽天マガジンというのがありますね。
読める雑誌が少し違うので、自分が読みたいものが多い方を選ぶと良いかな。

漫画もいろんなサービスがありますし、書籍はAmazonのキンドルがあります。
自分に合ったサービスを利用すると、モノを増やさず雑誌や本をたくさん読めますよ^^