履けない靴を友達と交換

こんにちは。

ずぼらでもできる!笑顔で暮らせる部屋作りサポーター、smiley☆lifeの山岡さくらです。

ブログでは実際の我が家の収納のことや、モノとの向き合い方などをご紹介しています。

なにかヒントになることが見つかったり、片づけスイッチが押されたりすればうれしく思います。

LINEお友だち登録

今までの「自分のお片づけレベルがわかるチェックシート」に加えて、新プレゼント「ずぼらでもできる!片づけはたったけこれけ♡スッキリ快適なお部屋をつくる3ステップ」もお届けします!

目次

友達とランチ

今日は横浜で友達とランチ♪

201507-59

そして、前回約束していたあるものを、お互いに持参しました。

靴を交換

足のサイズは同じ。
お互いに痛くて履けない、という靴があったので、交換する約束をしていたのです。

サイズは同じでも、足の形が違えば問題なく履ける可能性があるので、交換してみよう、と前回のランチの時に話していました。

私が持っていったのがこれ。

デザインは好きなのですが、ひどい靴擦れで1回で断念。

友達が持ってきたのがこれ。

数回チャレンジしたそうですが、やっぱり痛いのであきらめたそう。

試し履きだけではわからない

靴屋さんで試し履きしたときは、大丈夫、と思っても
いざ買って1日履いてみると痛くなる、ってこと、結構ありますよね。

これが靴選びの難しさでもあります。

お互いに履けない靴だったので、これで履ければラッキー。
私は少し履いてみたところ、大丈夫そうです。

好みも似ているのか、どちらも花がついているデザインでした。

靴箱にしまって、待機♪

痛くて履けない靴、ありませんか?
しまっておいても、もう履く機会はないですよ。

周りのお友達と交換してみるのも1つの方法かもしれません。

お片づけサポート

1人ではどこから手をつければ良いかわからない、という方のためにサポートサービスを行っています。
♡すっきり片づいたので生活がラクになった!
♡リバウンドしなくなった!
♡頼んで良かった!
♡自分でも続けていかれそう!

そんなご感想をたくさんいただいています。

整理収納アドバイザーだけでなく、食生活アドバイザーなどの資格も保有。
特にキッチン収納の際などには食品の保存方法などもアドバイスさせていただくことも。

ブログ村ランキング

この記事がお役に立てましたら、お帰りの前にクリックおねがいします。

お片付け&亀有・アクセサリー教室smiley☆life - にほんブログ村

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

整理収納アドバイザー・2級認定講師
アクセサリー講師&作家

お片づけサポート、自宅セミナー、2級認定講座、ライターのお仕事を通して、「お片づけが苦手」な方のサポートをしています。
元片付けられない女だから、苦手な気持ちもよくわかります。
呼ぶ前に片付けなくちゃ・・・なんて心配は不要!お気軽にご相談ください。

目次
閉じる