【モニター】T様デスク周り 家具の配置も見直す必要あります

こんにちは。

笑顔で過ごせるお部屋づくりのお手伝いをしている整理収納アドバイザー、smiley☆lifeの山岡さくらです。

ブログでは実際の我が家の収納のことや、モノとの向き合い方などをご紹介しています。

なにかヒントになることが見つかったり、片づけスイッチが押されたりすればうれしく思います。

3連休最終日、今日はいいお天気。

昨夜、友達からちょっと心配なメールが届いてしまいました。
大丈夫かなぁ…解決してくれると良いのだけど。

目次

T様デスク周り

デスクの両側に棚があり、右側は本棚として使用。
左側はプリンターを上に置き、棚の中はいろいろ混在。

まず、本棚として使っている棚、デスクが4本脚があるタイプではなく、コの字型のため、下の段は出し入れが困難。デッドスペースになってしまっていました。
中身をすべて見直していただいて(ご主人の本も多かったので、一緒に見ていただきました)
残すものを選んでいただきました。

前回も書いたように、この部屋に資源ごみが置かれているのですが、
段ボールにひっかけられたジーパンなど、脱いでまだ洗濯しない洋服の置き場がきちんと決まっていません。
これではそのへんに・・・となってしまうので、1回着たら絶対に洗濯するご家庭以外は一時置き場を決めることが必要です。

アフター

机の左側にあった棚を移動しました。
これにはキャスターをつけていただくことをお願いしています。
キャスターがあれば簡単に動かせるので、本棚の奥も出し入れができます。
掃除のときも引き出せば簡単にできますしね。

一番上のプリンターはそのままですが、棚の中は時々使うノートPC、ケーブル、プリンターのインクなど。
上があいているので、棚板を増やせれば収納量を増やすことができます。

一番下は床にそのまま置かれていた加湿器。
まだ使わないでしょうけど、もうすぐ使う季節がきますので、使う時はここから出していただければ。

本棚の中もかなり減ったので、今は奥の方は使っていない状態です。
また増えることもあると思うので、定期的に見直していく必要がありますね。

洋服も本もそうですが、手放すと決めたものは仮でも収納場所には戻しません。
戻してしまうと、結局そのままになってしまうから。
別の場所にひとまとめにして、すぐに捨てる、あげる、売るための準備をすることが大事です。

次回は和室押入れをご紹介しますね

もらいものをあげてきます

今日は大好きなSING LIKE TALKINGのコンサート♡
その前に友達と集まってランチ予定なので、これから夕飯の支度始めます。
そして私は使わない、もらいものの入浴剤。

捨てるのはもったいないので、使ってくれそうなお友達へあげようと思っています。
持っていくの忘れないようにしないと。

 

お片づけサポート

1人ではどこから手をつければ良いかわからない、という方のためにサポートサービスを行っています。
♡すっきり片づいたので生活がラクになった!
♡リバウンドしなくなった!
♡頼んで良かった!
♡自分でも続けていかれそう!

そんなご感想をたくさんいただいています。

整理収納アドバイザーだけでなく、食生活アドバイザーなどの資格も保有。
特にキッチン収納の際などには食品の保存方法などもアドバイスさせていただくことも。

どうしよう・・・と迷っている時間の方がもったいない!
お気軽にご相談くださいね。

LINE@お友だち登録

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: line.png

LINE@ではブログの更新情報、セミナー情報などを配信中です。
今なら☆自分のお片づけレベルがわかるチェックシートをプレゼント中☆

ブログ村ランキング

この記事がお役に立てましたら、お帰りの前にクリックおねがいします。

お片付け&亀有・アクセサリー教室smiley☆life - にほんブログ村

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

整理収納アドバイザー・2級認定講師
アクセサリー講師&作家

お片づけサポート、自宅セミナー、2級認定講座、ライターのお仕事を通して、「お片づけが苦手」な方のサポートをしています。
元片付けられない女だから、苦手な気持ちもよくわかります。
呼ぶ前に片付けなくちゃ・・・なんて心配は不要!お気軽にご相談ください。

目次
閉じる