クローゼット枕棚の見直し~思い出だって持っていて良い~

こんにちは。

ずぼらでもできる!笑顔で暮らせる部屋作りサポーター、smiley☆lifeの山岡さくらです。

ブログでは実際の我が家の収納のことや、モノとの向き合い方などをご紹介しています。

なにかヒントになることが見つかったり、片づけスイッチが押されたりすればうれしく思います。

LINEお友だち登録

今までの「自分のお片づけレベルがわかるチェックシート」に加えて、新プレゼント「ずぼらでもできる!片づけはたったけこれけ♡スッキリ快適なお部屋をつくる3ステップ」もお届けします!

目次

クローゼット枕棚を見直し

寝室のクローゼットに入れていたウェディングドレスと浴衣。

掃除機を寝室のクローゼットに収納するために見直して、自分の部屋へ移動することにしました。

ウエディングドレスは取っておきたいだけの思い出

使うものを使いやすく納めるのが収納。
使わないものは別になくても良いものなのです。

でも、生きていれば思い出だって当然ありますよね。
中には手放せないもの、というのもある。

もちろん生活を圧迫するほどの思い出は厳選しないといけませんが、そうではなければある程度持っていて良いものです。
必要最低限だけで生きてはいかれるだろうけど、それじゃつまらない。

私も取っておきたいだけの「思い出」もあります。
その中のひとつがウエディングドレス。
もう二度と着ることはないけど、自分でもういらないと思えるまでは保管します。

左奥のキャリーバッグの中にドレスを入れました。

数年に1度でも使う浴衣

キャリーバッグの前にあるスリコのボックスに浴衣を収納しました。
めったに着ない、数年に1度程度の頻度です。
でも、また着る機会はあるものだから、出し入れできるように。

冠婚葬祭セット

冠婚葬祭というか、葬祭セットです。

バッグ、ふくさ、数珠、黒ストッキングなどが入っています。

浴衣を入れたボックスの上にひとまとめにしています。

たまにしか使わないけれど、絶対必要かつ一緒に使うものだから、まとめてしまっておけば必要な時に探さずに済みますよ。
ストッキングは黒がなかった!とか履こうと思ったら伝線していた!なんてことも起こりがち。
なので新品をしまってあります。

リビングから移動したもの

隣の白いボックス(IKEA)には今までリビングに置いていた脱毛器、マッサージグッズを。
リビングの大型家具を撤去したので置くところがなくなっちゃったのです。

毎日使うのであればリビングに場所を確保した方が良いですが、めったに使っていないので・・・(^^;
本当はせっかく買ったんだからもっとちゃんと使おうよ、って思うんですけど、面倒なんですよね。

私の宝物

奥のかごは大好きなアーティストの8cmシングルCD。
かごの隣にも箱が2つあって、アーティストグッズが入っています。

これは思い出とは別枠。
どうしても手放すことは考えられないし、むしろ少しずつでも増えていくものたちです。
ファンをやめることはもうおそらくないので。

私にとってはとても大事なものたち。
他のものを減らしてでも、収納場所を最優先で確保したいんです。

時々使う撮影グッズとインテリア雑貨

かごの前のボックスに撮影グッズやインテリア雑貨を収納しています。
販売用のアクセサリーの撮影をすることもあるので、必要なものたち。
一眼レフカメラもここに一緒に入っています。

撮ろうと思ったときにすぐに出せる場所にまとまっていることが大事。

ファイルボックス

並べてあるファイルボックスはFCの会報や本など。
隣(右端)には写真、レコード、卒業アルバムを入れました。

奥行きがあるので前後に分けて

このクローゼット、奥行きが結構あるのです。
奥は手前のものを一度出さないと出せません。
しかも台に乗らないと届きません。

だから奥には普段は使わないものを収納しています。
手前は届くので、時々使うもの。

大きな空間は前後や上下に分けて収納を考えると使いやすくなりますよ。

お片づけサポート

1人ではどこから手をつければ良いかわからない、という方のためにサポートサービスを行っています。
♡すっきり片づいたので生活がラクになった!
♡リバウンドしなくなった!
♡頼んで良かった!
♡自分でも続けていかれそう!

そんなご感想をたくさんいただいています。

整理収納アドバイザーだけでなく、食生活アドバイザーなどの資格も保有。
特にキッチン収納の際などには食品の保存方法などもアドバイスさせていただくことも。

ブログ村ランキング

この記事がお役に立てましたら、お帰りの前にクリックおねがいします。

お片付け&亀有・アクセサリー教室smiley☆life - にほんブログ村

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

整理収納アドバイザー・2級認定講師
アクセサリー講師&作家

お片づけサポート、自宅セミナー、2級認定講座、ライターのお仕事を通して、「お片づけが苦手」な方のサポートをしています。
元片付けられない女だから、苦手な気持ちもよくわかります。
呼ぶ前に片付けなくちゃ・・・なんて心配は不要!お気軽にご相談ください。

目次
閉じる