収納の変化を振り返る~キッチン引き出し⑤作業スペース下~

こんにちは。

笑顔で過ごせるお部屋づくりのお手伝いをしている整理収納アドバイザー、smiley☆lifeの山岡さくらです。

ブログでは実際の我が家の収納のことや、モノとの向き合い方などをご紹介しています。

なにかヒントになることが見つかったり、片づけスイッチが押されたりすればうれしく思います。

目次

収納の変化を振り返る

2010年の年末頃から、長年の「片付けられない女」を卒業すべくがんばってきました。

いっきにすっきりしたわけではなく、少しずつ変えてきた結果が今です。

その変化を振り返ってみています。

収納の変化を振り返る~キッチン~

↑こちらも合わせてどうぞ♡

今日は食器を収納している、作業スペース下の深い引き出し。

2010年

2010年12月

この頃はまだ食器は別の場所に収納していました。
この引き出しにはボトル調味料やお米などの食品が。

シンク下は食品には向かない、ということで、この引き出しに入れていたんですね。

2014年

2014年2月

1月の状態は

しばらく食品収納に使っていた引き出しでしたが、食器をここに収納することに変えました。

深い引き出しなので、ファイルスタンドを使ってお皿を立てて。
小さめのお皿や茶碗などはそれぞれケースに。重ねていれていますが、同じ種類のものを重ねているので出し入れは特に不便はありませんでした。

2014年3月

グラスを別の場所に移動して、ラップやホイルをここに収納することに。
この位置、さっと取れてなかなか便利でした。

2014年8月

いただきもののおわんを収納する場所を作るために、食器を見直し。

この引き出しにはよく使うものだけを収納するようにしました。

2015年

2015年5月

食器収納は変わっていませんが、ボトル調味料をコンロ下に移動。

2015年11月

深さがある引き出しなので、もったいなくて、2段に変更。

別の場所に入れていたものもここに入れられるようになり、食器はほぼここに集結しました。

2016年

2016年7月

使用頻度の高いものをより取り出しやすく、位置を変更。

2017年

2017年9月

少し見直して食器が減ったこともあり、ラーメンどんぶりをここに収納できました。

2017年11月

ほとんど使わないのに処分できずにいたお皿を思い切って手放しました。

2018年

2018年5月

↑で久しぶりに大きく変えた食器収納。
まだ使いたい食器がどこにあるか、夫は把握しきれていないようですが、ケースがずれてたおれかかっているという状態はなくなって快適です♪

良く使うものは出し入れしやすい場所に

この引き出しは収納するものもガラッと変わった場所。

キッチンの真ん中にある引き出しだから、とても使いやすい位置なのです。
使いやすい場所はよく使うものを収納する。
時短にもなるし、なによりも使ったあとにしまうことが面倒ではなくなるから、出しっぱなしを防げます。

収納の変化を振り返る~1F~

収納の変化を振り返る~2F~

収納の変化を振り返る~3F~

お片づけサポート

1人ではどこから手をつければ良いかわからない、という方のためにサポートサービスを行っています。
♡すっきり片づいたので生活がラクになった!
♡リバウンドしなくなった!
♡頼んで良かった!
♡自分でも続けていかれそう!

そんなご感想をたくさんいただいています。

整理収納アドバイザーだけでなく、食生活アドバイザーなどの資格も保有。
特にキッチン収納の際などには食品の保存方法などもアドバイスさせていただくことも。

どうしよう・・・と迷っている時間の方がもったいない!
お気軽にご相談くださいね。

LINE@お友だち登録

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: line.png

LINE@ではブログの更新情報、セミナー情報などを配信中です。
今なら☆自分のお片づけレベルがわかるチェックシートをプレゼント中☆

ブログ村ランキング

この記事がお役に立てましたら、お帰りの前にクリックおねがいします。

お片付け&亀有・アクセサリー教室smiley☆life - にほんブログ村

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

整理収納アドバイザー・2級認定講師
アクセサリー講師&作家

お片づけサポート、自宅セミナー、2級認定講座、ライターのお仕事を通して、「お片づけが苦手」な方のサポートをしています。
元片付けられない女だから、苦手な気持ちもよくわかります。
呼ぶ前に片付けなくちゃ・・・なんて心配は不要!お気軽にご相談ください。

目次
閉じる